初期化パラメータを間違えてOracleが起動しない

ARCHIVEの設定をするために、emにて初期化パラメータを設定。

バックアップを取っておけば問題なかったのに、修正個所も少ないので、ついそのまま修正してOracleをシャットダウン。

ARCHIVE先のフォルダを間違えてOracleが起動しない現象が発生。

初期化パラメータを修正すれば解決するのだが、SPFILEはテキストで修正できない。

そこで、テキストで修正できるPFILEを作成し、修正後にPFILEでOracleを起動し、SPFILEを修正し無事に設定完了。

このような手間を取らないように、皆様にはSPFILEのバックアップをお勧めします。

念のため、手順を以下に記載しておきます。

1.SQLPLUSにてSYSDBA権限でログイン

2.CREATE PFILE =’ファイル名’ from SPFILE = ‘ファイル名’;

3.PFILEを修正

4.STARTUP PFILE = ‘ファイル名’;

知っていると役に立つ場面もあります。

コメントを残す