ITインフラの基礎知識

ITインフラとは

ITインフラとは、パソコンやサーバー、プリンタなどの各種ハードウェア、インターネットやLANなどのネットワーク、さらにはデータベースやOSのことを指します。インフラは「Infrastructure(インフラストラクチャー)」の略称であり、基板や土台といった意味があります。社会インフラは電気やガス、水道、交通網など、生活に必要不可欠なものの仕組みのことですが、ITインフラは上記のようなものを指します。つまりITインフラは、ITシステムやIT活動の支えとなる「土台」部分に当たります。

ITインフラの整備が不十分だと…

ITシステムやIT活動の支えとなるITインフラの整備が不十分だと、社会インフラである電気やガス、水道などが一瞬で停止する場合と同様に、大きな打撃を被ることになります。例えば、ウイルスなどの外的脅威にさらされやすくなる、会社内外の機密情報や顧客情報の漏洩の可能性が高まるなどのリスクが発生します。また、ハード機器の故障や台風などの災害による情報消失、社外からの不信感に繋がるなど、様々なリスクを抱えることになります。

ITインフラの重要性

ITインフラはよく、交通網に例えられることがあります。私たちが安全に道路を走行するためには、整備された道路をはじめ、信号機や標識が欠かせません。要するに、安全な走行には道路が傷んでいない・信号が正常に作動する・交通ルールが遵守されていることが重要であり、この状態が通常であることが求められます。それはITインフラも同様で、「土台=インフラ」が正常な状態であることが、快適なIT環境には欠かせないのです。

神戸市にあるプレオンでは、データ移行作業に加え、快適なITインフラ環境構築のお手伝いをしています。快適なITインフラ環境構築が企業様のITシステムやIT活動には必要となり、それが企業様の発展に繋がります。プレオンでは構築後のサポートも行っていますので、ITインフラ環境構築ならプレオンにお任せください。