LAN工事を依頼する前に知っておきたい知識

LAN工事に必要なコストや必要性についてはご存知でしょうか。こちらではLAN工事を依頼する前に知っておくと便利な知識についてご紹介したいと思います。

LAN工事が必要なのはどんな時?

LAN工事は、おもに「スピードアップしたい時」や「複数台でネット接続をしたい時」「セキュリティに不安を抱いた時」「モデム・ルーター・ケーブルを隠したい時」などに行います。

とくに企業の場合は、複数台でネット接続を行う機会も多く、スピードが必要な場面も多いため、スピードとネット接続の環境の整備を目的としたご依頼も多いです。

また、多くの従業員が往来するオフィスでは、むき出しになったモデムやルーター、ケーブルに足を引っ掛けてしまい、怪我をしてしまう恐れもあるため大変危険です。それだけでなく、LANケーブルが断線するリスクもあります。ケーブルが断線すると発熱や発火する可能性もあり、最悪の場合、火災を引き起こす危険性もありますので、これらの危険性も、LAN工事を行うことで解決出来ます。

工事前に考えておきたいコスト

LAN工事を依頼すると、「機器代金」や「作業費」などの費用がかかります。

中でも、ルーターやケーブル等は欠かせない機器ですので、その分の費用は最低限必要になってくるということを認識しておくと良いでしょう。

また、LAN工事をする建物や場所、ビルの規模によっても作業費が変わってきます。建物に予め配管が設置されていれば、それを利用して配線をすることは出来ますが、配管が劣化や故障している場合、または既存の配線が複数あって新たに配線出来ない場合は、他の場所から配線をする必要があるため、その分費用が加算されてしまう場合があります。

さらに、配線に必要な部品も必要になります。つまり、機器代金はある程度予算を立てることが出来ても、作業費に関しては、実際に調査してみないとどれだけの費用がかかるのか予測出来ませんので、LAN工事前には必ず専門の業者に調査を依頼し、見積もりを提示してもらうようにしましょう。

プレオンは、神戸市に所在するLAN工事会社です。
オフィス移動に伴って無線LAN工事を依頼されるご予定の企業様や、配線が気になるという方は、是非プレオンにお任せください。その他、ITコンサルティングサービスもご提供しておりますので、ITに関するご相談もお気軽にお寄せください。