仮想環境構築と情報漏洩対策

プレオンの仮想環境構築サービスは、ITインフラにかかる費用のコスト削減にお役立て頂けるものです。こちらでは、仮想環境構築をご検討中の企業様が最も気になっている情報漏洩対策について注目しています。

仮想環境構築が最適な環境

仮想環境構築サービスが最適な場合として、スタッフが大人数・時間帯によってはパソコンを使用するスタッフが変わる場合が挙げられます。神戸市近隣にもデータ入力業務やコールセンター業務を執り行う企業様がありますが、そうした企業様の業務効率化にも仮想環境はお役立て頂けるものです。毎日の業務の中では個々のスタッフが使用する業務効率化ツールやデータファイルも出てきますが、内部情報を保護するためには未然に防止する対策を講じておくことが必要です。

情報漏洩を防ぐための基本的な考え方

情報漏洩を防ぐためには、基本原則となる考え方があります。まず、情報漏洩のリスクを最小限にすることです。スタッフが業務中のみ業務に必要な情報にアクセス出来るようにするといったことが挙げられます。次に社内で共通のルールを作ることです。社内データは原則社外持ち出し禁止、権限が与えられている情報にアクセスする必要性がある時には管理者の許可を得る、といったルールの明確化がこれに相当します。また、ログの収集と取得者の特定も重要です。

あるパソコンをいつ誰が使用していたのかわかるように管理すると、人の入れ替わりが多いオフィスでも情報漏洩対策の確実性が高まります。

法人向けパスワード管理

社内の機密情報管理では、ID・パスワード・暗証番号などの活用も必要です。しかし、多くの企業様で使用しているパスワードが機密性を保持するためには、設定方法を工夫するだけでは十分とは言えません。普段からパスワードの必要な情報に触れる機会のあるスタッフの意識を、高いレベルで保持する必要があります。日常的な管理の重要性に対する意識教育や、機密性のある情報を扱っているという責任を意識してもらうために誓約書を紙ベースで取り交わしておくといった方法が有効です。

プレオンは仮想環境構築業者であるとともに、神戸市近隣でITのことについてお悩みの企業様向けにITコンサルティングサポートをさせて頂くことが出来ます。情報漏洩対策に加え、ITのことでしたらお気軽にご相談ください。